広坂ゼミナールは、国立金沢大学附属高校(金大附属・金大附高)への進学を目指す、金大附属中学生だけを対象にした進学塾です。
1982年創立以来、合格者総数695名(2022年2月入試まで)、石川県下合格率トップクラス(86%)の実績。
金大附属中学校はもちろん、附属小学校のお子さまをお持ちの親御さまも、どうぞお気軽にご相談ください。

金大附属中学生対象 広坂ゼミナール
〒921-8105 金沢市平和町3-12-8
TEL :076-245-4594
FAX :076-245-4594

〒921-8105 金沢市平和町3-12-8

営業時間
14:00~21:00
 定休日 
日祝祭日
076-245-4594
076-245-4594

Nくん

 僕は広ゼミでの3年間で本当にたくさんのことを学びました。

 広ゼミでは、様々な教材を使って学習を進めますが、その中でも、X教材、Y教材、理科の要点、図形の要点などのオリジナル教材は自分の学力を大きく高めてくれたと思います。また、Confirといった制度や毎回の授業にも自分を高める要素があったと思います。

 X教材は、とても難しい問題が多く、答えがないので、自分で時間をかけてしっかり考えて授業を迎えることができます。そのため、難問を解くための数学力や思考力、集中力を身に付けることができます。また、授業後に授業内容のまとめをすることで、その授業の復習ができ、授業の内容が確実に身に付きます。X教材には答えがなく、適当に取り組んでしまいがちだけど、問題をひとつひとつ丁寧に解いていくことで、附属高校の入試が難しく感じないようになります。そのため、後輩たちには、しっかり考えること、まとめをすることを大切にしてほしいです。

 Y教材は、他県の難関校の入試問題が載っていて、附属高校の入試に似た問題もあるため、Y教材を解く時に使ったり、学んだりした解き方や考え方を入試に活用することができるし、難問に挑戦することもできます。Y教材は、自分のペースで自由に進められる教材なので、個人により差がでます。しかし、とても有用な教材なので、後輩たちには、1日1つでも2日で1つでもいいので、継続的に取り組んでほしいです。

 理科の要点や図形の要点は、とてもレベルが高く、教科書に載っていないことや定理の証明などがたくさん載っています。そのため、学習した内容をただ覚えるだけでなく、より深く理解できます。深い理解を得ることで、難問が解きやすくなるため、後輩たちには、証明や様々な事象の理由から理解することをオススメします。

 Confir制度は、自分の知識、理解を広げてくれる制度です。Confirに真剣に取り組むことで、学習した内容をしっかりと身に付けられます。Confir勉強をしっかりして、Againを取らなければ、自分の学習を有意義に進められます。後輩たちには、Confirの意義をしっかりと考えて取り組んでほしいです。

 日々の授業は最も学びを得られる場でした。数学や理科の授業では、生徒が説明を行うことが多くあるので、説明能力が身に付くし、他の人の様々な考え方を知ることができます。また、先生の説明や解説はとても分かりやすく、自分のためになります。後輩たちには、広ゼミの授業に取り組みやすい雰囲気と素晴らしい授業の仕方をうまく活用して、自らの学力をどんどん高めていってほしいです。

 これまでにあげたように、広ゼミには、素晴らしい教材、制度がそろっていて、学習がしやすい雰囲気や環境も整っています。そのため、後輩たちには、広ゼミの素晴らしい学習環境と朴先生のレベルが高く的確な指導を十分に活用して、附属高校合格を勝ち取ってほしいです。

Tくん

 僕は推薦で附属高校に合格することができました。よって入試は受けていません。なので、普段の学校のテストや授業で他の人の1歩先を行ける方法を伝えたいと思います。といっても方法は1つしかありません。

それは、「朴先生から与えられた課題を全て言われた通りにこなす」ということです。

 僕は春の一番最初の授業を数回欠席しました。小学校内容から中学校の内容に一気に転換し、早いスピードで進む濃密な授業の欠席はとても痛手でした。これは入塾後も同じです。授業はできるかぎり休まない方がよいでしょう。その春の授業では英語をしていました。何も英語を知らなかった僕は、初めて出た授業で突然confir(復習テスト)を受けさせられました。結果は散々。5/26点くらいで、"Yes,I do." を "Yes,I bo." と書くほどでした。これは1年生の5月くらいまで続き、毎回の授業で行われるconfirはほぼ全てagain(再テスト)でした。againの枚数が多くなった生徒は授業がない土曜日などに広ゼミに来て広ゼミで勉強をしてagainを受けなければいけません。中学最初の単元テストが近づく中、僕はこれを朴先生がくれたチャンスだと思いました。マイナスを埋めるための勉強は新しく進めていく勉強よりもモチベーションが下がります。さらに、againの勉強に次回の宿題やconfirの勉強をする時間が奪われ、またagainをとってしまうという負のスパイラルが続きます。朴先生はこのスパイラルを断ち切るチャンスをくれたのです。これで過去のagainはすべて清算し、それからのconfirは宿題にかける時間と同じくらい、もしくはそれ以上の時間をかけて勉強しました。その結果、1年生5月末の第1回単元テストでは452/500点。それから3年間、年6回ある単元テストで450点を下回ったことはほとんどありません。「confirの点数は学校のテストに比例する」これは朴先生がよくおっしゃっていた言葉です。confirは暗記テストが主ですが、語句を暗記して問題を見た瞬間にその語句、数学では使うべき定理を頭の引き出しから反射的にとり出すにはなくてはならないものです。よってconfirの点数が良い人で学校のテストの点数が悪いというのは、僕の先輩にも同級生にも見たことがありません。そして、学校のテストは通知表に、そして通知表の結果は附属高校に送られます。それは推薦入試でも一般入試でも有利にはたらきます。それほどconfirは重要なのです。

 広ゼミでは生徒が一般入試で受かれるよう、朴先生が約30年の経験を僕達に与えてくださる塾です。日々の授業をしっかり聞く、答えのある宿題はきちんと腑分け(グループ分け)をする、X教材(数学の問題集)は少なくとも授業の次の日までに復習するなど、いろいろなことを朴先生は生徒におっしゃいます。それらを完璧にこなしたら、附属高校くらい確実に受かります。朴先生を信頼し、3年間勉強する。これこそ附属高校に100%受かる方法です!!

001.JPG

僕は附属高校へ一般入試で合格することができました。これも全て、広ゼミでの朴先生のご指導と分かりやすいオリジナル教材など広ゼミでの教材のおかげと自信を持っていうことができます。このように自信をもっていえるのには根拠があります。例えば、僕は、英語が大の苦手です。しかし、粘り強く広ゼミの英語のCfrに取り組んだり、毎日のようにβ

教材をしているうちに、英語の文なんかもスラスラ読めるようになってきました。英文を記号化していったのも、一度分かってしまえば、後はサクサクとできました。そして、附属高校の入試で、見たことのない文(長文)の意味もスラスラと頭に入ってきました。


強いていうならば、上記のうちで最も入試に貢献してくれたのはCfrだと思います。これはどの教科にも当てはまることだと思うのですが、Cfrの内容を修得すること=その教科のその単元を完全修得することとなり、そのつみ重ねが、附高合格という結果につながります。現に、僕の成績も、1年生と2年生の前半までは、酷いものだったのですが、そこに危機感を覚え、Cfrをwonderfulをとれるよう、自習室の利用時間を3時間→5時間にしてみると、驚くようにAgainは減り、good、very goodなどが大幅増しました。
さらに、学校の単元テスト、実力テストも、点数が大幅に上がり、推定席次も20〜30上がりました。こうなってしまえば、あとは正方向へのスパイラルがおこるので、それにのっかるのみです。


ところで、今年の附高入試には、広ゼミのオリジナルテキストの問題の類題が連発しました(特に数学)。上にも書いたとおり、広ゼミのCfrをしておけば、その単元は修得できるので、とにかく、Cfrをしっかりやってほしいと思います。また、広ゼミではいくつかの解法を解くことがあります。そうすることで幅広い解き方をできるので、入試でも最短経路で正解へたどりつけます。ここに、Y教材やβ

教材などの入試での実践力をつければ鬼に金棒です。上での正のスパイラルにのったら、是非Y教材とかもしっかりやってほしいと思います。最後になりましたが、朴先生、3年間本当にありがとうございました。僕は3年間広ゼミにいれて本当に良かったと思っています。

012.JPG

中学に入学したてで、勉強なんてしたこともなかった僕は、広ゼミに入って、勉強をする習慣がつき、勉強が苦にならなくなりました。というのも、毎週火曜と金曜に授業があり、月曜や水、木曜には、授業の予習をしなくてはならないので、勉強をしない日がないからでした。土曜日にはたいてい毎週アゲイン学習があったのも、僕にとっては大きなプラスになりました。自分が一度テストをして、できなかった、苦手な範囲の問題を何度も繰り返して解くことによって、確実に、着実に苦手がなくなって行きました。アゲインには、復習の方法としてよいです。

 また、授業で使っていた広ゼミのオリジナルテキストは、附属高校の過去問や、日本全国の難関高校の問題によって作られているので、志望校の合格へ確実な一歩となっていきました。数学のx教材の問題は、20年以上も前から附属高校を専門として、生徒に指導してきた広ゼミならではの附属高校の入試問題を意識された良問ばかりでした。事実、今年度の附属高校の入試問題にも、全く同じ問題が2、3問も出題されていて、数学の大きな得点源となりました。また、英語のα教材は、文法の参考書として非常に役立ち、また自習学習のβ

教材は、種々の難関高校の過去問から附属高校の入試問題に精通していらっしゃる先生により厳選された良問が多数収められており、β

教材からも、附属高校の入試問題にまったく同じ文が出題されていたので、必然的に英語は80点以上取ることができました。時間の節約にもなりました。

 僕は元来成績が良かった訳でもないですし、努力家でもなかったのですが、広坂ゼミナールに3年間いて勉強していただけで、学校の期末テストも実力テストも完璧に解け、さらに、入学当初からの目標であった附属高校の入試でも409点の好成績でもちろん合格でき、感謝してもしきれない思いです。

 三年間を思い起こすとツラいことも楽しいこともうれしいことも全て広ゼミでありました。少人数制のクラスなので、学年では男女を問わず、とても仲良く明るい雰囲気で授業を集中して受けることができました。三年間本当にありがとうございました。

009.JPG

私は中学校に入るまで,バレエを習い毎日レッスンに励んでいました。そんな生活を送っていた私は,毎日何時間も机に向かって勉強する習慣は身についていませんでした。広ゼミは自習室が毎日開いているので自習室を活用して勉強することが習慣となりました。いつでも分からないところがあれば質問できる,同じように目標をもって頑張る生徒が多くいるという環境にあるので,家での学習よりも自習室を活用するほうが断然効率が良く,モチベーションも上がるということも分かりました。

また,1・2年の頃は自分ではしっかり学習したつもりになっていても実際にはカンファにおいて何度もアゲインをとったり,思ったほど良い結果ではないことが多く,自分の学習の甘さにも気づきました。それは「"wonderful"をとるぞ!」という強い意志がなく,「"Again"をとらなければいいや」という気持ちからの結果だったのだと思います。3年生になってからは部活動も引退し,勉強する時間が増え,カンファに対して時間をかけ,丁寧に何度も勉強するようになりました。そうすることでアゲインの枚数は減っていき,ほとんどがverygoodやwonderfulになりました。カンファの結果が良くなると,学校でのテストの点数もだんだんとあがってくるようになり,カンファとテストは直結しているのだとあらためて感じました。

受験前は気持ちがあせることもあったけれど,今まで積み重ねてきた勉強を思いかえしてみました。先生は今までの経験から,その時期その時期にしなければならないこと,一人一人に必要な学習を適切に指導して下さいました。「先生を信じて,自分を信じて,目の前の課題を一つ一つ一生懸命していこう」と決めてからはあせりも消え,落ち着いて勉強に取り組むことができました。そんな私の体験から言えるのは「自習室を大いに活用すること」「カンファに対して真剣に取り組み,また自分に厳しく勉強すること」そして「先生を信じてひたすら勉強すること」です。今後,思うようにいかないこともでてくると思いますが,「附属高校に絶対に行きたい!」という強い意志を持って広ゼミで頑張って下さい。

007.JPG

金大附属高校に推薦で合格しました。

僕は広ゼミに1年生の途中から入りました。最初教材を見た印象はとても難しいものという感じで,正直自分はついていけるのかとても不安でした。しかしそんな不安は最初だけで,朴先生の分かりやすい授業や,分からないところがあればすぐ質問できるような環境が整っているおかげで,無理なくついていくことができました。

広ゼミには良いところがたくさんあります。例えば自習室。自習室で勉強をすると家でやるよりもはるかに効率が良いので,本当に自習室を1年生からたくさん利用することをおすすめします。自習をしている最中にでてきた疑問もチューターさんがいてくださるおかげですぐ解決できました。自習室は勉強の効率があがるだけでなく,分からない所があればすぐ解決できるので自習室はぜひ利用してほしいです。

広ゼミのオリジナル教材や先生が選んでくださった市販教材,そのどれもが本当に自分の実力をメキメキとあげてくれると実感できました。オリジナル教材,例えばX教材は自分にとって必要不可欠の存在でした。その理由は僕は入塾前は本当に数学が苦手でした。テストでは数学の点数を見るのが毎回怖く,どう頑張ってももう自分は数学はダメなのかなと思ってしまうほどでした。しかし広ゼミに入ってX教材を使い,朴先生の分かりやすくて重要な授業を聞いているうちに自分でもびっくりするほどテストの点数が上がっていきました。それはX教材で数学の問題の解き方は1つでなく多くあるということを学んだり,重要な(point)をしっかりと学習したおかげであると思います。

他の教材も広ゼミのオリジナル教材と授業をしっかり理解すると,どんどんテストの点数が上がりました。学校内での席次も入塾前は60番であったのが3年生になったころには30番以内には入るようになっていました。だから広ゼミのみなさんに言いたいことは,X教材など最初はこんな難しい問題できなくて大丈夫かなと思って,理解していないものをそのままにしてしまう人がいるかもしれません。でも絶対それはダメだと今はっきり言えます。広ゼミで学んだことに不必要なものなど1つもなく,しっかりやって良かったと必ず思うはずです。

最後に僕は朴先生に学校生活での悩みについてもアドバイスしていただきました。ただ勉強ができればいいのではなく人として大切な事もたくさん教えていただきました。広ゼミがなかったら今の自分はいませんでした。朴先生,広坂ゼミナールに本当に感謝しています。

3年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

016.JPG

私が広ゼミに入ろうと思ったのは友人の気軽な一言でした。「入塾試験だけでも受けてみたら?」今ではその友人にとても感謝しています。

附属高校に推薦で合格して今思うのは,何より朴先生の言うことは必ず役に立ったということです。1年生,2年生の頃はcfrでも,授業でも無駄なことと思うことがときどきありました。でも,3年生になってめまぐるしくやってくるテストや附高の入試問題などを解いているときは,1,2年生のときの記憶がとても役に立ちました。

さらに,自主検やβ,Yなどの自主的に進める教材はとても役に立ったと思います。油断していてためこんでしまうと後々苦労することになりますが,計画性をもって進めておけば大いに達成感が得られると思います。自主検は今でも英単語などが役に立っています。βで実際の入試問題を数多くこなすことによって,長文でもすんなり読めるようになりました。Y教材はとても応用的な問題ばかりで構成されていて,解けたときの達成感はすごいです。国語演習は記述問題を先生が直接採点してくれるので自分に不足している部分もすぐにわかります。これらの問題は解答がないのでじっくりと考えることができ,それが実力upにつながったと思います。

また,広ゼミの最大の特長はcfrにあると思います。cfrはそれほど量が多いわけではありませんが,その分本当に大切なところに焦点を絞っているので,手を抜くことはできません。私は2年生の始めごろに少し気を抜いてしまい,ひどい点数でagainをとってしまったことがありました。しかしそれ以来はcfrの勉強はしっかりと行っています。cfrの中でもX教材やα教材のcfrは勉強するのが大変ですが,その分絶対に役に立ちます。また,cfr勉強をしっかりすることで学校の単元テスト対策にもなるし,日々の授業の復習も同時にできます。

広ゼミで勉強するにあたって,自習室の存在は欠かせません。私は1,2年の頃はあまり使用していませんでしたが,今考えれば自習室の良さに気付かなかったのが不思議なくらいです。いつでも先生に質問ができ,ずっと適温に保たれています。最高に集中しやすい環境が自習室にはそろっています。

3年間,朴先生のご指導により合格することができたと思います。本当にありがとうございました。

008.JPG

私の中学3年間は学校生活と同じくらい,もしくはそれ以上に広ゼミの存在が大きかったです。そして今その広ゼミにとても感謝しています。

まずは授業について話します。広ゼミの授業では,「生徒が前に出て説明する」という事も多くありました。人に説明するのはとても難しいことです。しかし宿題をやってくる時,自分だけが分かるような理解の仕方とどの問題でも説明できるというような理解の仕方とでは全く違っていました。説明しようと思えば,細かい事でも気になってしまいます。そうやって自分自身に問いかけるようにすると新しい発見もできるようになりました。だからなるべくこういう気持ちで宿題をし,授業を受けてほしいです。

次に自習について。私は1,2年生の頃は部活動が終わってから自習するのは大変だと感じていました。でも,3年生でほとんど毎日来るようになってから自習室が一番勉強しやすいと気付きました。それは,いつでも質問できる,周りに仲間がいる,という環境だったからです。特に3年の後半は「同じ仲間がここで一緒に頑張っているんだ,もう少し頑張ろう」と自分を励ましながら勉強をしていました。

そして,3年生になり気がついた事があります。それは多くのテストや問題を解いている中で,広ゼミの教材に書いてあったものをとても活用していたという事です。全く同じ問題でなくても,解き方が同じだったり,そこでのポイントがもとになっているものが多かったです。だから,α教材,x教材,理科の要点などのカンファーでしっかり理解して身につけておくのはすごく大切だったと思いました。一度そうやって覚えたらその後でもぱっと思い出すことができ,応用問題も自然に解けるようになります。

広ゼミの一番良い所は「先生が生徒一人一人を信じてくれる」という事だと思います。テストが悪いから駄目だという事は決してありませんでした。先生はいつも生徒全員が理解するまで教えてくださるし,質問をすると必ず答えをもらうことができます。一人一人をよく分かってくれて最後まで全員に全力で指導してくださりました。私は受験が近づいてきてもテストの結果は良くないままでとても不安になりました。でも「30年以上も生徒を導いてきて,いつでも私たちを信じてくれた朴先生についてきたのだから大丈夫」と思うことができ,それが自信につながりました。私はそんな朴先生を,そして今いる広ゼミを信じてほしいと後輩達に伝えたいです。

3年間広ゼミにいて私は本当にいろんな事を教わりました。だからこれまで続けてきたことを心から良かったと思っています。そして3年間指導してくださった朴先生にとても感謝しています。

本当にありがとうございました。

017.JPG

金大附属高校に一般入試で合格しました。今まで支えてくださった朴先生ありがとうございます。さて,私には5つ上の兄がいます。兄も広ゼミで学び,附属高校に合格することができました。そのため「私も朴先生についていけば受かることができる」と思い、ここまでがんばってきました。その思いは日ごろの授業やテスト結果によっても裏づけされました。広ゼミ生の利点とは何なのでしょう。私は,それは「基礎力と応用力」「計画にもとづいた学習」の2つが大きいと思います。1年生のころからくりかえし基礎的なことを学び,さらにその基礎を応用する力も身につけます。重要なのは,広ゼミでは「難しい問題を1問解く方法」ではなく「問題をとくときの考え方・発想」を教えてくれるということです。だから,3年間学べばしっかり実力がつきました。また,広ゼミ生は全員附中生なので,単元・実力テストや長期休暇に合わせた学習計画が朴先生によってたてられています。これは先生の長年の経験によるもので,これに沿って学習していけば,無理なく知らぬ間に附属高校へ行く学力がついています。おそらく,朴先生の授業は厳しいのではないかと不安な人もいるでしょう。しかし,これは間違いです。なぜなら,朴先生は間違った行動をとらない限り怒らないからです。この「間違った行動」に「答えを間違う」ということは含まれません。逆にミスを恐れず挑戦するようになれます。私が附属高校に合格できたのは,朴先生のご助力のおかげです。高校に進んでも積極的に学ぼうという意欲もできました。本当に感謝しています。

018.JPG

広ゼミで一番大切なことは何においても『しっかりと』やる事だと思います。宿題をやるのはあたり前だけど,そのやり方によって身につくことが違います。解説のすみずみまで読んだり,宿題をやってわからないところをもう少し自力で考えたりするほんのちょっとの事ですごく大きくかわってくると思います。それにカンファについても,「アゲインとらなければいいや」と思って勉強するのと「ワンダフルとらなきゃいけない」と思って勉強するのでは全く仕上がりが違います。要領がいい人ならあまり勉強しなくてもアゲインをとらずにすむだろうけど,そういうふうにして覚えたこと・学んだことはしばらくしたら忘れてしまいます。逆に,苦労して覚えたこと・学んだことや,一生懸命ノートにまとめるなどしたことはずっと頭の中に残ります。だからこそ,カンファでは「ワンダフルをとらなきゃいけない」と思って勉強することが大切だと思います。僕はカンファをしっかりとやっていないときは,カンファの平均点と共に学校のテストの点数も下がりました。反対にカンファをしっかりとやっているときは学校のテストの点数もよくなっていました。カンファ勉強はテスト勉強にもつながっているのでカンファをしっかりとやっていればテスト前にあせらなくても,自分の苦手なところ・完璧に覚えられていないところをやるだけで大丈夫だと思います。また,カンファ勉強をしていて「こんなところまでやる必要があるの?」と思うことがあると思います。でも3年生の実力テストや附高の入試問題をやったら必要だとわかるはずです。それに学校では教えられないけど,広ゼミで教えられる数学の定理や公式をマスターしていると学校のテストでも応用がきいて簡単に解くことができます。だから,「こんなところまでやる必要があるの?」と思わずにしっかりとこなしていかなければならないと思います。僕は1・2年生のとき全くといっていいほど広ゼミの自習室を使わずに家で勉強していました。家でも勉強できると思ってしまうだろうけど,やっぱり広ゼミで勉強した方が効率がいいです。家だったら疲れた時にテレビをつけてしまったりするけど,広ゼミだったら疲れても遊ぶことができないからです。これもほんの少しのことだけど,3年間広ゼミで自習しているのとしていないのとでは大きく違うと思います。朴先生が言っている事の理由に3年生になってようやく気づいたことが多々あります。朴先生の言っていること全てにしっかりとした理由があるので,それがわからなくてもとにかく朴先生の言うことを信じてしっかりと実行していくことが広ゼミですごく大切だと自信をもっていえます。

019.JPG

  僕は小学校の頃はほとんど勉強しませんでした。学校の授業が終わった放課後にはドッジボールやサッカーをして遊び,家に帰ったらマンガやゲームといった状態でした。そんな僕をよそに兄は広ゼミで猛勉強,そして附高合格を勝ち取りました。月日がたち,僕は小6になったので,両親のすすめで広ゼミの説明会に行くことにしました。そこで初めて朴先生にお会いする事ができたのですが,小学生ながら先生の放つオーラを感じ,また高校受験という内容を僕でも分かりやすく説明してくれました。こういう人がカリスマ講師と呼ばれる人なのだと分かり,夢のまた夢であった附高に合格したいと思い,広ゼミに入塾することにしました。志がそのまま行動には表れず,面接では意味不明な回答をしてしまったり,算数の答案が1枚白紙であったりしたので落ちたと思っていたのですが,無事合格。この時は附高に合格した時よりも嬉しかったかもしれません。広ゼミでは,周りの人がほとんど僕より優秀であったのでとても環境に恵まれていました。目標はたくさんでき,優秀な人のいい所などを参考にして勉強していました。そして迎えた1年の第1回の単元テスト。結果はあまりよくありませんでした。次はがんばろうと思い,臨んだ次のテストも中途半端な成績でした。これは2年生の最後の方まで続き,やっと成績がのびだしたのは3年になってからです。中3の1年間の平均席次は20番前半であったので附高に推薦でいけるかもと思ったのですが落ちてしまいました。しかし,今までのテストで65番はきった事がなかったので,附高に合格する自信はかなりありました。そして合格を手にしました。今思うとこの3年間は長いようで短かった気がします。広ゼミの最大の利点は,大手の塾にはないですが,「人間味がある」という事です。朴先生は生徒1人1人の性格や成績を把握し,適切なアドバイスをしてくださりました。ちょうど中3が受験で追いこみをかける時期である12月に,僕は病気を患い入院しました。入院していた期間のプリントや宿題の予定などを朴先生はまとめてくださりました。多忙であったのにも関わらず,本当にありがたかったです。最後に僕は広ゼミに入って本当によかったです。広ゼミに入っていなかったら今の僕は存在しません。これから広ゼミで附高合格を目指す人達には「なかなかすぐには結果が出ないかもしれませんが,最後まであきらめないでほしい」と伝えたいです。これまで支えてくれた様々な人達に大いに感謝します。

020.JPG

附属高校に合格してから、あらためて中学校3年間を振り返りました。その大半を占めていたのが広ゼミでした。この合格は、広ゼミなしにはつかむことができなかったと思います。特にCfr、X教材、自習室には本当に助けてもらったな、と感じました。今回はこの3つについて書こうと思います。

Cfrは、1年生の時から割と真面目に取り組んでいました。しかし、1度3枚もまとめてAgainでした。これは、広ゼミに慣れてきたころで、手をちょっと抜いてしまったからです。この時から「Againは取りたくない!!」と強く思うようになりました。そしてCfrの成績が良くなってくると、学校のテストの広ゼミ順位も上がり始めました。Cfrは、広ゼミの授業でやったところ、学校のワークやプリントから出ているため、Cfrの勉強をしっかりとすることでテスト勉強にもなったからだと思います。

 X教材の問題は、初めて見た時にはほとんど全部解けませんでした。しかし、できるだけ考えることが大切です。Y教材でもβ

教材でも、いろいろな方向から考えることは、他の問題でも役に立ちます。そして、授業でわからないところをしっかり聞いて、まとめのメモに書き足しておき、家でまとめるといった基本的なことがまず重要です。Cfrでなくても、テスト前などに何回も解き直すことで、pointがすぐに頭に出てきて5枚以上のCfrでも、テストで焦っていても必ず解けます。数学の応用問題で、広ゼミ生ではない子が全く分からず、広ゼミ生ならすぐわかる、という問題はとても多かったように思います。

 1、2年生の時に、平日に自習室を利用することはあまりありませんでした。しかし、3年生の夏休みに1日中広ゼミにいることが多くなり、自習室では集中できるんだ!ということに気付きました。そして、夏休み明けからは2時間でも自習していこう、と思うようになり、冬には、4時間するぞ!など、自分を奮い立たせて勉強しました。ついたてがあることで、隣にいるのが友達でも、他学年の人でも気にすることなく勉強することができました。自習室はできるだけ利用するのが良いです。

 広ゼミで勉強すると、気付かないうちに附属高校の合格に近付くことができます。くじけそうになっても、とにかく3年間広ゼミで勉強していけば、付属高校に合格できるはずです!!

021.JPG

 中学校での生活3年間を振り返って、広ゼミに入塾して本当に良かったと思っています。中学校の授業は確かに小学校の授業よりも圧倒的にペースが速く、内容も難しくなります。だから予習や復習をしっかりしなかったら、授業についていけないことがあるかもしれません。また、テスト範囲がとても広くなるため、小学校までの勉強ではいい結果は残せないと思います。しかし広ゼミでは、長年附属中学校の生徒を見てきた先生が大切な部分をまとめた独自の教材があり、それを先生は分かりやすく説明するので、しっかりその単元を理解することができます。そして復習という面では、確認テストのようなものがあり、それをしっかりやることで要点を確実におさえることができます。中学校と小学校が大きく異なる点として、部活動があるという点もあります。附属中学校は部活動も盛んに行われていて、特にサッカー部やバスケットボール部は練習も大変で、週に6日部活動があるときもあります。僕はサッカー部に所属していたけれども、一番辛かったのは、土曜日や日曜日などの休日が練習や試合などでつぶれてしまうことです。そうなると、正直勉強時間の確保はなかなか難しいです。実際部活が終わるのは昼や夕方なのですが、体力を大幅に消耗してしまうため、どうしても集中できないことがあるからです、普通の塾は、土曜日か日曜日のどちらかに授業があるため、勉強と部活が重なってしまいます。すると両立することは難しいでしょう。無理に両立させようとすれば、どちらもおろそかになってしまう危険もあります。しかし広ゼミは、部活動を引退する3年生まで休日に授業がなく、平日に2日あるだけです。無駄な部分を省き、大切な部分が詰まっていて、効率のよい授業だったからこそ短時間でもしっかり理解することができて、休日を部活動のために回せました。僕は、広ゼミなしでは部活動と勉強を両立させられなかったと思います。

 とにかく中学校生活の3年間は大変でもありますが、新しいことが多くあって楽しく、すぐ過ぎて行くでしょう。そんな中で、僕は、自分のやりたいことをできる余裕を作ってくれた広ゼミには感謝しています。これから中学校生活を迎える人は、自分が何をしたいのか、今のうちからはっきりと決めておけば、中学校生活を充実させられるでしょう。 

011.JPG

広ゼミのおかげで無時,附属高校への入学が決まりました。今まで厳しくも優しく指導して下さった朴先生,毎日のようにお世話になったK先生,S先生,他チューターの先生方,本当に感謝しています。

私が広ゼミに志願したのは,5歳年上の姉の影響が強いです。姉は中学で部活にも生徒会にも尽力し,更に広ゼミへ通い,附属高校へ入学しました。そんな姉の後ろ姿を見ていた私にとって,広ゼミ=附属高校の合格でした。

しかし広ゼミに入っただけで附属高校へ入学できるわけではありません。私は授業と自習が大きなポイントだと思います。

一年生の頃,私は自習をほとんどしませんでした。しても自主検を受けるだけで帰るか,一時間ほどだけ勉強して帰っていました。しかし二年になってからほぼ毎日広ゼミの自習室に入り浸るようになりました。というのは,自習室で勉強すると家にいて勉強するよりも効率的に進めることができることに気づいたからです。それに自習室で勉強していてわからないことがあったらすぐに先生にでもチューターさんにでも友達にでもたずねることができます。日々の小さな疑問を解消することは,その教科・単元を理解することにつながります。また,自分で帰る時間を決めて時間内に勉強を終わらせるということは,計画性をもって勉強する力がつきます。毎日,学校→自習→家という勉強のリズムがついた生活を送れたのも良かったです。自習室を利用するにおいての利点は今考えただけでもこんなにあります。やはり「自習」は附属高校に合格するための絶対的なプロセスの一つだと思います。

授業については「参加する」のが第一です。ただ席に座って話を聞くのではなく,先生の問いかけに声を出して答えたり,うなずくだけで力になります。また,自分がわかる問題は授業で自ら説明するとより深く理解できます。

皆さんも広ゼミに入って少しでも努力すればきっと,いえ必ず附属高校に合格できます。ぜひこの広坂ゼミナールで頑張ってください。

005.JPG

私が後輩に伝えたいことは、“広ゼミでどんなに辛いことがあったとしても、最後まで諦めないでほしい”ということです。私自身、途中で嫌になって逃げ出そうと思ったことが何度もありました。しかし、3年間諦めずに勉強を続けてきたお陰で、無事合格を掴むことができたのだと信じています。
 私がこの3年間、勉強をする上で、常に意識してきたことは、自習室を積極的に活用することでした。1年生の時から、“土曜日は朝から広ゼミで勉強する”ことを心がけました。自習室に行くことで、友達と会い、遊んでしまうこともありましたが、家にいるときよりも、能率よく勉強が進んだように思います。
一方、失敗であった、と反省しているのは、2年生の間の1年間の過ごし方です。2年生は1年生よりも格段にやるべきことが増えるため、毎日の復習を欠かすと、全体から落ちこぼれてしまいます。また、2年生の時の遅れをとり戻すことは、“3年生になってからでは不可能だ”と言っても過言ではありません。私は2年生のときに、気の緩みから勉強の手を抜いてしまいました。頭の片隅で、“怠けていてはならない”と思っていても、結局成績は下がる一方でした。一番深刻だったのは、3年生の12月に行われた実力テストです。あまりにも悪い結果を見て、残された時間があと2ヶ月しかないのに、はたして挽回できるのだろうかと不安になり、朴先生に相談に行きました。その時、朴先生は、ご多忙であったにもかかわらず、私の悩みに親切に答えて下さいました。
その後の2ヶ月間、私は、朴先生に教えて頂いた通り、広ゼミの教材を完全に習得しようと、全力を尽くしました。特に、数学のX教材、英語のα教材、理科の要点は、徹底的に繰り返しました。
入試本番の日、私は入試問題を見て非常に驚きました。広ゼミの教材とほとんど同じ問題が、たいへん多く出題されていたのです。問題を解いていくうちに、広ゼミの教材の素晴らしさを実感すると共に、朴先生にご指導頂いたことの有難みを感じました。
あの日、朴先生に適切なアドバイスを頂かなかったならば、附高合格は決して得られなかったでしょう。朴先生をはじめ、お世話になった方々には心から感謝しています。3年間、本当にありがとうございました。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
076-245-4594

担当:朴

受付時間:14:00~21:00
定休日:日祝祭日

広坂ゼミナールは、国立金沢大学附属高校(金大附属・金大附高)への進学を目指す、金大附属中学生だけを対象にした進学塾です。1982年創立以来、合格者総数597名(2013年2月入試まで)、石川県下合格率トップクラス(86%)の実績。金大附属中学校はもちろん、附属小学校のお子さまをお持ちの親御さまも、どうぞお気軽にご相談ください。