教育方針

入塾を希望する生徒たちが広ゼミに期待することは、『附高に合格させてくれること』だと思います。したがって、私の目標のひとつは、『広ゼミ生全員の附高合格』です。そのために必要なことは、できる限り指導していくつもりです。
しかし、それを『至上課題』と考え、そのためには手段を選ばず指導するといったことはしたくないと思っています。というのは、人間が勉強しなければならないのは、いわば『ヒトが人間になる』ための不可欠の条件が勉強(学習)であると考えているからです。それゆえ、勉強の結果、目的(附高合格)が達成されたとしても、その代償として『あるべき人間』から遠ざかってしまえば、それは本末転倒だと思います。
したがって、いたずらに競争心を煽ったり、ただ点数を取るだけのために無意味な事柄を詰め込んだり、点数(試験の結果)だけで生徒を、あるいは生徒の努力を判断、評価するのは望ましいことではないと考えています。
広ゼミの学習を通して、学ぶことの苦しさから得る喜び、愉快さを少しでも知ってもらえればと念願しています。それを体験することにより、自主的な学習姿勢が生まれ、入試なんかで燃え尽きることなく、高校・大学でより能力が開花するのではないかと考えています。

▲このページのトップに戻る