Mくん

 広坂ゼミナールに入り、広ゼミ生となったからには、必ずするべきことが4つあります。

 1つ目は宿題を必ずやってくること。特に、X教材など、答えのついていない問題などには、分からなくても挑戦してみて下さい。解けた時にはこの上ない達成感と成長が得られます。朴先生の厳選した問題に取り組むことで必ず力を伸ばせるはずです。

 2つ目はカンファーに全力で取り組むこと。カンファーの結果は学校の成績に直結します!!実際、自分も一時期カンファーへの取り組みを怠ったことがあります。カンファーが悪いと学校のテストも悪くなる、全くその通りで、学校の成績はガクンと下がってしまいました。このままではダメだと思い、カンファーに熱心に取り組んだところ、カンファーばかりか学校のテストの点数も上がり、成績も上がりました。広ゼミのカンファーと学校のテストは、まさに比例しています。

 3つ目は授業に全力で取り組むこと。朴先生のご指導の中には、大切なことがギッシリと詰まっています。聞き逃さないよう、常に集中して授業を受けましょう。また、積極的な発言も大切です。自分が「分かる!」と思った問題には、素早く発言し、是非、皆の前で説明してみて下さい。間違えてもいい。発言することに意味があります。必ず自分の力になるはずです。そして、朴先生の弾丸指名には要注意です。朴先生がイキナリ指名してくるので、はっきり言ってかなりコワイです(笑)。指名されても、すぐに答えられるよう、毎日の復習はとても大切です。そのために、学習の流れをしっかりと作っておきましょう。 授業→復習→カンファー勉強→宿題→授業… といった感じです。

 4つ目は、朴先生を信頼すること。朴先生は、この道三十数年の、附属高校合格指導のプロフェッショナルであり、エキスパートです。朴先生の指導をしっかりと守り、実行する。これができれば、必ず、結果が出ます。初めのうちは広ゼミの授業、学習についていくのは大変だと思います。しかし、朴先生の指導を守っていれば、リズムが生まれ、スムーズに進むようになるでしょう。朴先生は、皆さんを、必ず附属高校に合格させてくれるはずです!!

 最後に…。朴先生はよくおっしゃいます。『僕は薬剤師で、あなた達は患者です。僕はあなた達に処方箋を出します。それを飲むか、それとも飲まないかは、あなた達次第です』と。つまり、いくら広ゼミに行ったからといっても、結局やるのは生徒自身です。日々の努力を惜しまず、目標に向かって前進していって下さい。応援しています。

 遅くなりましたが、3年間慣れ親しみ、お世話になった広坂ゼミナール校舎、毎日、笑顔で自習室の治安と秩序を保ち、質問に答えて下さったチューターの方々、授業後、僕達のくだらない愚痴、悩みを聞いて下さり、心の支えとなって下さった奥様、そして何より、いつも厳しく真剣に、時に優しく和やかに、僕たちをご指導頂いた朴先生に感謝、感謝です!!ありがとうございました。

▲このページのトップに戻る